大学を卒業し就職してからあまり期間が経っていないため、結婚式費用はなるべく低くしなければいけませんでした。費用を安くするための工夫は、業者などのプロに依頼しないでなるべく自分たちの手で作り上げていくことです。

結婚式の終わりを感動的なものにするために、エンドロールムービーも上映しました。新しい人生を歩みだすことになった私たちを祝福するために、大勢の参加者に対する感謝の気持ちを表現しなければいけません。専門業者に依頼すれば見ごたえのある作品にすることが可能ですが、結婚式費用を抑えるため自分たちの手でエンドロールムービーも作成しました。自作することは難しいと考えていましたが、パソコンと動画作成ソフトが必要です。有料のソフトは機能が豊富で便利ですが、価格が高いので購入することができません。自作するのは無理かと諦めかけていましたが、無料の動画作成ソフトでも十分に作成できることがわかりました。パソコンなどの知識がありませんでしたが、そのような初心者の私たちでも簡単に動画やスライドなどを作成することができます。エンドロールムービーを作成するために必要なカメラやパソコンなどは借りることができたので、無料の動画ソフトを用意するだけで準備は完了です。

自作する時に苦労したのは、映像と一緒に流すBGM選びでした。選ぶ局によって受け取る側のイメージが変わってしまうので、いい加減に選ぶことはできません。結婚式全体のイメージに合わせて、数曲のBGMを選ぶことにしました。登場する人の名前や並び順なども注意しなければいけません。名前と合わせて肩書やお礼のメッセージなども流すことにしたので、間違えてしまうと参加してくれた人に不快な気分を与えてしまいます。ムービーに登場する順番も重要なので、二人で何度も確認作業をしました。上映時間BGM1曲分にしたので、感動的な作品に仕上げることができました。結婚式の費用を抑えるため自作することにしましたが、カメラやパソコンがあれば知識がなくても作成できます。専門業者に依頼するよりも、費用を大幅に抑えることができました。結婚式に参加してくれた人たちには、DVDにしてプレゼントすることにしています。エンドロールムービーを自作するメリットは、仕事をしながらでも空いた時間を使って作成することができる点です。お互いに手分けをして登場する人を撮影したので、予想よりも短時間で完成させることができました。